4. 代表的業務の概要記述の対策

  では実際の答案にはどのように記述すればよいのか、技術的体験論文の書き出しを考えて見ましょう。

  技術士試験実施大綱によると、技術士試験の技術的体験論文は、技術士として必要な専門的知識だけではなく、応用能力、論理的考察力、課題解決能力について重視するように変化しています。このため、従来は専門的内容を深く記述すればよかったものが、今後は

 技術的な応用力や課題解決の考え方をテキパキと表現する

必要がでてきました。 このため 「技術士にふさわしい業績」をアピールするには先にあげた3つの条件に留意すれば良いのです。具体的にはそれらは、 

(1)技術応用のプロセス

(2)経済的な成果

(3)工学的な知識体系

でした。実際の業務にこれらを当てはめながら、記述内容を考えてください。