合格できる技術士試験対応姿勢のまとめ

 技術士試験では、試験の各段階で先の4つの評価尺度で能力が測られると述べました。では試験ごとにどう対処すればよいでしょうか。結論的に言うと試験ごとに評価尺度が変化するため、臨機応変に対処を変えていかねばなりません。おおむね筆記試験では専門知識や課題解決力が、また体験論文では技術応用力や目的指向、顧客指向の判断力が重要になり、口頭試験ではもっぱら顧客指向の判断力が重要となってきます。

 このような要求はこれから問題に取り組んでいく段階で遭遇することになると思います。問題毎にその予めそのような回答姿勢で臨めば間違いないということです。

 

 


幅広い視点を養える講座です


 

技術士二次試験試験受付

総合技術管理コース受付

技術士試験対策ならマンツーマン個別指導で

技術士試験対策ならマンツーマン個別指導がおすすめです。当技術士講座ではコンピテンシー指導・各種コーチング指導で技術士資格取得に求められる応用力を高める指導を行っております。電話・スカイプ指導で直接疑問を解決できます。夜間・休日もOK!技術士試験対策なら当講座におまかせください。無料セミナーも開催しております。詳しくはお問い合わせフォームまたはお電話で。お気軽にお問い合わせください。