R1/2019年 建設部門 必須科目 T−2

問題文

  我が国は、暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火その他の異常な自然現象に起因する自然さ災害に繰り返しさいなまれてきた。自然災害への対策については、南海トラフ巨大地震、首都直下地震等が遠くない将来に発生する可能性が高まっていることや、気候変動の影響等により水災害、土砂災害が頻発していることから、その重要性がますます高まっている。

こうした状況下で、「強さ」と「しなやかさ」を持った安全・安心な国土・地域・経済社会の構築に向けた「国土強靭化」(ナショナル・レジリエンス)を推進していく必要があることを踏まえて、以下の問いに答えよ。

(1)ハード整備の想定を越える大規模な自然災害に対して安全・安心な国土・地域・経済社会の構築するために、技術者としての立場で多面的な観点から課題を抽出し、分析せよ。

(2)(1)で抽出した課題のうち最も重要と考える課題を1つ挙げ、その課題に対する複数の解決策を示せ。

(3)(2)で提示した解決策に共通して新たに生じうるリスクとそれへの対策について述べよ。

(4)(1)〜(3)を業務として遂行するに当たり必要となる要件を、技術者としての倫理、社会の持続可能性の観点から述べよ。

 


模範解答1  (簡易形式1)  添削履歴 5回 2019/11/9  科目 河川砂防 専門事項 避難計画


(1)想定を超える大規模自然災害に対する課題

1)老朽化インフラのメンテナンス

道路、河川、海岸施設等の老朽化により災害が拡大する可能性があり、効率的な維持管理・更新を行い、ストック効果を最大限に発揮することが課題

2)ソフト対策の精度向上:ハード対策を優先的に実施するための土砂災害予測の精度向上と、住民自らが行動を起こすためのソフト対策が必要

3)想定外の外力に対するハード対策

 施設が完全に破壊するのを防ぎ、住民が避難するリードタイムを確保することが必要

(2)想定外を超える大規模自然災害に対する課題と解決策

ソフト対策の精度向上と住民自らが行動を起こすための取組み

1)リアルな情報提供

 実写に土砂災害箇所を重ねたリアルなハザードマップの提供

2)精度の高い情報提供

 洪水シミュレーションや干渉SARによる土砂災害予測精度の向上により、優先すべきハード対策を選定

3)具体的な情報提供

 地域を絞りこみ、具体的な災害情報を提供

4)地域コミュニケーションの強化

 防災教育の開催、防災リーダーを定め自助・共助による被害の軽減

 (3)上記課題のリスクと対策

1)リスク

@温暖化に伴う気候パターンの変化により、1000年確率豪雨規模の災害が発生

A頻発する広域豪雨災害により避難者が増加し、避難所の受け入れ能力を超える

2)対策

@想定内の豪雨、最大限の豪雨に対する被害想定を実施

道路の混雑状況をリアルタイムで提供

(4)業務として遂行するにあたり必要となる要件

1)最先端の技術の提供(技術者倫理)

 技術者は専門分野の新しい情報を得て、国民の安全・安心に寄与する必要がある。AIやICTの最新技術を活用し、精度の高い避難シミュレーション技術の開発

2)持続可能なまちづくり

 リアルで精度の高い情報を提供する高度な防災教育活動により、逃げ遅れ被害をなくすまちづくりを推進する。