H28年 建設・都市地方計画 U−2−1 問題 模範解答と解説

II-2-1

歴史的街並みを有する地方都市において、地域活性化に資する魅力ある景観の 形成を図るため、景観計画を策定することになった。あなたが担当責任者として計画の策定を 行うに当たり、以下の内容について記述せよ。

(1)景観計画を策定してまちづくりを推進することの意義

 (2)計画策定の手順とその具体的内容

(3)計画策定を進める際に留意すべき事項


模範解答1 (簡易形式1)  添削履歴 2回 2019/7/9  専門事項 都市施設設計


(1意義

@地域の景観継承で地域価値向上

A滞在型観光地の整備で交流人口増加

(2)手順と具体的内容

@景観計画区域設定

地域の歴史を継承しつつ、景観を活用した地域間ネットワークを形成するため景観計画区域を設定する。

A景観形成基準策定

市街地では地域ごとに合った建物高さや色、広告物の規制など景観の統一感を目指した基準を策定する。

B景観重要建造物を軸にしたまちづくりの検討

地域に景観重要建造物がある場合、建物の保全だけでなく来街者を増やす目的の活用方法を検討する。

(3)考慮すべき事項

@分散型ホテル等整備で交流人口増加

地域の空き家を生かすため、未利用地を分散型ホテルに転用し、来街者が地域全体を回遊する滞在型ツーリズムを行うことで、地域間を滞在して交流人口を増加させる。

A街づくり協定で景観を保全し地域価値向上

市街地の景観向上のため、街づくり協定で地域に合った舗装の選定、路上広告の意匠統一等街路デザインを地域の景観色と調和させることで地域全体の価値を高める。

B歴史的価値の高い建物で観光拠点整備

地域全体の観光拠点を作るため、現在使われていない蔵等の景観重要建造物を転用して、地元まちづくり組織等が運営する観光案内所等にして来街者を各地へ誘導する。



H28年 建設・都市地方計画 U−2−2 問題 模範解答と解説

II-2-2 地方都市圏の中核都市において、公共交通の利便性向上を図る目的で、市中心部 の既存駅と駅間距離の長い隣駅との間に鉄道の新駅を設置し、併せて新駅周辺の市街地整備を行うに当たり、以下の内容について記述せよ。

なお、関連状況は以下のとおりである。

・新駅は沿線にある公共施設の跡地(5ha 程度の市有地)の一部を利用して設置する。

 ・併せて行う市街地整備は、新駅設置に伴い必要となる都市施設と宅地の整備並びに都市機能

の立地

・誘導を行うものであり、その規模は、当該公共施設跡地と隣接する空閑地(田畑等

の民有地)を併せた10ha 程度である。

 ・市街地整備を行う地区周辺には住宅系市街地が広がっている。

・現在、市では市内に散在する公共公益施設の建替等に伴う移転・集約化を計画中である。

(1)本件のように鉄道駅を新設し、またこれに併せて周辺を計画的に市街地整備することの意義

(2)計画策定の手順とその具体的内容

(3)計画策定に当たり、コンパクトシティ形成の視点から留意すべき事項


模範解答1 (簡易形式1)  添削履歴 0回 2019/7/3  専門事項 都市施設設計


(1)意義

@都市集約化でインフラ省力化

中心市街地に機能を集約することで、インフラの整備・維持管理の低減を図る。

A駅中心のまちづくりで公共交通促進

新駅を中心とした都市計画を行うことで、鉄道を主とした移動を促進する。

B歩いて暮らせるまちづくりで高齢者健康増進

駅周辺でのスムーズな移動空間を確保することで、歩行空間を確保して高齢者の健康を増進する。

(2)手順と具体的内容

@都市マスタープランと立地適正化計画の整合性をとる

人口減少を見据えて、コンパクトプラスネットワークを軸に据えたまちづくり計画を行う。

A鉄道事業者とまちづくり部局等と連携を図る

駅中心のまちづくりのため、鉄道事業者やまちづくり部局等各セクションを含む協議会を発足させ、周辺の商店街等との地域活性化に向けた連携を図る。

B駅周辺に医療・公営住宅・行政を集約

都市機能集約のため、駅ビル等に医療・公営住宅・役所を移転する。

C駅周辺の交通施設整備

駅周辺の利便性を高めるため、バスターミナルやトランジットモールを整備する。

(3) 留意すべき事項

@都市機能増進施設整備で利便性向上

福祉拡充で快適性を向上するため、都市機能誘導区域の駅前再開発に合わせて都市機能増進施設を整備する。

A公民連携開発区域設定で周辺地域活性化

駅前地域から周辺の住宅や商店街への幹線道路を整備するため、駅前周辺を公民連携開発区域に設定し、地域の回遊性を高めて地域活性化する。

B点在する公共公益施設転用で地域医療を拡充する

空き家となった公的不動産を有効活用するため、公設民営型の地域医療施設等に転用して地域医療を拡充する。

C歩行者空間の確保で高齢者の安全性確保

住民の移動利便性を向上するため、駅を高架化して駅前をペデストリアンデッキとして周辺との移動をバリアフリー化し、高齢者が安全に外出できるようにする。



H28年 建設・都市地方計画 V−1 問題 模範解答と解説

H28 V−1

  健康寿命の延伸が課題となっている地方都市において、あなたが都市計画・まちづくりの担当責任者の立場で、関係部局との連携のもとに立地適正化計画を作成し、都市のコンパ クト化に取り組むことになった。以下の問いに答えよ。

(1)都市計画・まちづくりを担う立場において、健康寿命の延伸の視点から都市のコンパクト化に取り組むことの意義と計画作成に当たり検討すべき項目を述べよ。

 (2)上述の意義を踏まえて、公共交通の利便性の高い都市の中心部における、他の関係部局と連携した取組のうち、あなたが特に重要と考える取組について複数提案せよ。

 (3)あなたが提案する取組の実施に伴い、都市の中心部から離れた居住誘導区域内の居住者への対応として、考慮すべき事項と対応方策について述べよ。


模範解答1 (簡易形式1)  添削履歴 0回 2019/7/6  専門事項 都市施設設計


(1)コンパクト化に取り組む意義と検討すべき項目

(1)-1意義

@医療拠点を整備して地域住民への行き届いた医療

A公共用歩廊を整備して徒歩での移動機会増加

B高齢者の雇用機会を創出して生き生きと暮らせる環境構築

 (1)-2検討すべき項目

@誘導区域内での地域包括ケアシステム構築

A公共交通を軸にした社会を目指し駅前拠点周辺の徒歩移動空間整備

B地域住民同士の相互扶助を目指し高齢者が活躍できる場の創出

(2)取組

@特定用途誘導区域の医療拠点で地域包括医療拡充

地域医療を充実させるため、特定用途誘導区域の医療拠点整備で容積緩和による地域包括医療を整備し住民の健康維持に努める。

A駅周辺のペデストリアンデッキ等で歩行空間整備

住民が運動する機会を増やすため、駅前をペデストリアンデッキとし、駅周辺を

トランジットモールとして駅を中心とした公共ネットワークを整備して住民の街歩きを促す。

B世代交流施設整備で高齢者が活躍する場の創出

高齢者活躍の場を作るため、公設民営型の多世代交流施設を駅前再開発に合わせて整備し、高齢者ボランティアの受け皿を整備する。

(3)考慮すべき事項と対応方策

@日常的な健康の維持

住民が日常的な医療ケアを受けるため、居住誘導区域内にあるコンパクトシティ化で空き地となった公的不動産を活用して通院施設等を整備し、地域密着型医療を構築する。

A公共交通を活かした駅前への移動促進

駅前への住民の移動を促すため、ITSを活用したデマンド交通による地域循環交通ネットワークを構築する。

B若年世代向けの子育て施設整備

働く若年世代が通勤経路の駅前に安心して子供を預けられる場所を整備するため、

子育て施設を併用した多世代交流施設として地域間交流を深める。