マンツーマン個別指導による利点

技術士試験対策として、マンツーマン個別コーチングで飛躍的上達をしてみませんか。
独学の勉強や、通信添削では、自分自身の中にある弱点になかなか気づくことが出来ません。技術士受験を3、4回と繰り返す方はたいていこうした致命的な弱点を持っています。

マンツーマン個別コーチング指導は、合格するためにあなたに最も不足しているものを、毎回チェックして、効果的に指導します。このため最短コースで合格できます。

技術士に必要なプロの感覚を身につけられる

技術士試験では暗記した知識ではなく、技術経営やマーケット、社会情勢を背景とした考察が求められます。例えば「近年の○○といった社会情勢のもとで、○○の手順と留意点を述べよ」といった問題です。

こうした場合に技術知識だけでは解答できません。そこで、技術知識以外の技術経営はどうあるべきかや、マーケットニーズも考えて提案内容を推論します。そのようなプロの考え方もマンツーマンコーチングならじっくり学べます。

試験官の評価が手に取るようにわかるから修正が早い

答え方を迷う原因の一つに、試験官の評価の基準がわからないことがあります。
試験の評価基準は、内容、表現方法、解答者の姿勢・・などを総合して判断します。

マンツーマンの指導では、個別の問題、答案、解答者の業績ごとに、試験官は何を見てどう判断している・・「だから(あなたの場合は)○○を答えなければならない」というように、ピンポイントで指導することにより、答案に対するベストな答え方を習得することが可能です。

自分にぴったりの答案が書けるから楽勝

論文試験の難しさは体験したことからしか書けないことにあります。逆に毎日仕事で体験していることが試験に出たら、楽勝で合格できるでしょう。マンツーマン指導では個別の答案ごとの指導となるため、出来るだけ各受講者様の日々の体験をもとに、答案を作成することを行なっています。この方法として、受講者の業績内容についてヒアリングを行います。

また、講師が申込書の業績論文(業務内容の詳細)の指導を行うため、各自の業績を分析し、強みと弱みを理解したうえで指導を行なえます。このため筆記試験に対して、ご自身の業績内容で自信を持って答案が作成出来ます。

自分で考え、解く力(応用力)が身につきます

技術士試験対策として、模範答案を暗記して書き出す方法がかつて行われていました。
しかし、近年の技術士試験では、応用力重視の傾向となり、問題文の内容は暗記勉強をことごとく排除する問題に方針転換しています。

「○○について述べよ」という見識を求める形式はなくなり、「○○の考え方を述べよ」あるいは「検討すべきことは?」といった出題者の指定に従って、分析や考察が求められるようになりました。

こうした問題を解くには、考えを組み立てる練習しかありません。これはすなわち応用力をつけることです。応用力をつけるには、算数の計算のように、九九を暗記するだけでなく、何回も計算して練習する必要があります。

マンツーマン指導であれば、短い間隔でチェックしながら、短時間で確かな対応力をつけられます。自分自身で考えて解く力、つまり本当の応用力を身につけることができるようになるわけです。

能力別の指導目標。だから効率よく学べます

本研究所の指導では、各自の能力を見極めてレベルに合わせた難易度となるよう個別に能力別に指導しています。能力を高めるには、ご自身の能力よりちょっと難しい問題を解く必要があります。

逆に、まだそこまで到達していない方の場合は、時間をかけてじっくり学ぶ必要があります。
このため、個別指導を利用して、各自にベストタイミングで、しかも各受講者様が最も必要として内容を毎回指導していくため、最速のペースでスピードラーニングすることが可能です。

試験に勝つには技術者コンピテンシーを身につけるしかない

一般的な論文添削の指導で学べることは、もっぱら語句の直しです。しかも過去問だけ。
しかし、本当に必要なのは、本番の試験での考え方です。本番で力を発揮するには、マーケットの動向を知り、自分で考えて結果を出すこと・・これが実は技術者コンピテンシーです。

試験官もここを採点しています。試験の答案から、将来コンサルタントとなったときに活躍できるか、否かを推論しているわけです。マンツーマン指導では、答案の直しだけでなく、知識・経験、成果イメージ、思考力、動機などを行動に還元して発揮するというコンピテンシーを身につけられるよう指導しています。このコンピテンシーを身につけるには何回も練習し、何を書いたら合格できるのかを明解にする必要があります。

技術士試験対策としてマンツーマン個別指導をお求めの方は、本研究所をご利用ください。電話や面談の口頭の指導に加え、ボイスメール指導付きの音声添削、夜間休日の相談受付など、あらゆる手段で試験を突破できるよう指導に努めます。技術士試験対策にお悩みの方がいらっしゃいましたら、まずは問い合わせください。お待ちしています。

技術士二次試験試験受付

総合技術管理コース受付