試験ごとに求められる4つの能力

 技術士試験では、次のような3段階での試験が行われます。申込書の中には業務経歴があります。

  1. 申込書(業務経歴)
  2. 筆記試験
  3. 口頭試験

 それらの試験では共通して次のような4つの評価尺度が見受けられます。

  1. 広く正しい専門知識
  2. 論理的な考察力(課題解決力)
  3. 確かな技術応用力
  4. 目的指向、顧客指向の判断力

 

 これらについて、一貫して対処していくことが合格の早道です。以下、解説しましょう。