大手住宅メーカー所属 HRN様、総合技術監理部門建設−施工に合格<口頭試験コースA>2012.03

 合格者の声トップへ>

@  講座をうけてみて一番、合格に役立ったと感じたことは何でしたか。
技術士試験では普通の受け答えをするだけでは(得点できないから)だめだということ。相手に自分のコンピテンシーを伝えるにはどうしたら良いかがわかった。

A   講座ではどんな指摘があり、どう対処されましたか。(特に印象的なもの)
同上

B   講座のテーマとして「技術者コンピテンシー」開発と「コーチング指導」に力を入れていますが、それらは役に立っていると感じられましたか。

感じられた。

C   講座を受けてみてご自身の能力が上達したと思える点はどこですか。

プレゼン能力

D   面談ほかによるコーチングは満足できましたか。添削のみの場合との違いはどうですか?

添削だけでは、指摘事項の本質が理解できない

E   本講座の受講前の印象(ホームページから受ける印象)と受講後の感想はどうでしたか。予想通りだった点、予想と異なった点は?

独学では習得できないことが身についた。

F   講座の指導で役立ったのはどれですか。(◎○△×で評価してください)
敗因分析      −
業務経歴      −
過去問練習   −
過去問分析問題予想  −
体験論文指導        ◎
口頭試験指導    ◎

G   今後、本講座を受講される方へのメッセージは何かありますか。

合格するという強い気持ちが必要である。

H   技術士受験者に送るメッセージがありましたらどうぞ。(合格の秘訣など)

独学では独りよがりに陥る危険性があるので、第三者から指摘してもらうことが必要である。(添削だけでなくコーチングで。)しかし、コーチングができない講師から指摘してもらっても、その講師が過去にその手法によって合格者を輩出していなければ時間の無駄である。

そのため本講座のようなコーチングによる技術士指導を専門とし、過去にその手法によって合格者を輩出している指導者から指摘してもらうことが重要である。

これはたとえば本の代価を支払うことによってその著者の知見を得るということと同じように、講座の代価を支払うことによって(多少高額ではあるが)信頼できる合格の手法・知見を得ることが合理的であり、結果的に合格への早道なのである。