アミューズメントセンター運営企業所属(施設管理) TNK様、建設部門、鋼コンに合格<パーフェクトコース>2012.03

 合格者の声トップへ>

@    講座をうけてみて一番、合格に役立ったと感じたことは何でしたか。
添削指導が、答案の内容が良くなるまで繰り返し受けられたことです。

A    講座ではどんな指摘があり、どう対処されましたか。
技術体験論文の添削で、課題が何で、どのように対策し、対策案の今後の発展性は何かを明確にするように指摘を受けました。添削を受けてみて、思い入れや先入 観でわかりにくい文章になっていることに気づきました。最も効果的と感じた指導は、電話で講師と会話して第三者的な立場の意見を聞くことでした。時には深夜まで、何度も話をする機会があったことが合格へつながったと感謝しております。

B    講座のテーマとして「技術者コンピテンシー」開発と「コーチング指導」に力を入れていますが、それらは役に立っていると感じられましたか。
役に立っていると感じました。むしろ、今後自分が技術者としてコンサルティングする際には、必要な事とも感じました。

C    講座を受けてみてご自身の能力が上達したと思える点はどこですか。
コミュニケーション能力です。講座では、問いに答えること、不明確なことを明確な課題として表す訓練が多かったです。実務では、多くの人と関わるため、コミュニケーション能力により課題が共有できるようになり、実務的に意外なメリットを生んでいます。

D    面談ほかによるコーチングは満足できましたか。添削のみの場合との違いはどうですか?
満足でした。文章に書きれない考えをどのようにして書くか相談できることや、言葉を変えた何通りもの説明で議論ができたことにより、添削のみの場合より圧倒的に理解が深まりました。

E    本講座の受講前の印象(ホームページから受ける印象)と受講後の感想はどうでしたか。予想通りだった点、予想と異なった点は?
受講前はプログラムに沿って学習するといったイメージでしたが、受講してみると、専門の勉強は自分でやる必要があり(当たり前なのですが・・)講座は、「問いに対する答えを導く訓練」というイメージに近いものでした。

F    講座の指導で役立ったのはどれですか。(◎○△×で評価してください)
敗因分析     今回行っておりません
業務経歴        ○
過去問練習     ◎
過去問分析問題予想    ○
体験論文指導    ◎
口頭試験指導    ○

G    今後、本講座を受講される方へのメッセージは何かありますか。
模範答案公開制度により)講座では他の部門の方の学習成果も共有できたので、これらを読むことで勉強になりました。技術士として、どう考えるべきなのか、具体的な文章を読むことでイメージがわきました。

H    技術士受験者に送るメッセージがありましたらどうぞ。(合格の秘訣など)
いろいろなことが勉強の障害になりますが、あきらめずにできる限りの準備をしてください。