自治体職員 UCY様、上下水道部門、下水道に合格<パーフェクトコース>2012.03

 合格者の声トップへ>

@  講座をうけてみて一番、合格に役立ったと感じたことは何でしたか。

業務経歴書、体験論文の戦略的記述方法のご指導。

A   講座ではどんな指摘があり、どう対処されましたか。

技術的見解の表現方法について度々ご指導を受け、精査していく過程でロジカルな文章構築方法を身につけることが出来たと感じています。

B   講座のテーマとして「技術者コンピテンシー※」開発と「コーチング指導」は役に立っていると感じられましたか。

大変役立ちました

C   講座を受けてみてご自身の能力が上達したと思える点はどこですか。

ロジカルシンキング

D   面談ほかによるコーチングは満足できましたか。添削のみの場合との違いはどうですか?

時間が無く面談は受けていません。音声によるご指導は録音して持ち歩き、空き時間にプリントした添削後の教材を見ながら何度も聞いて熟慮することができました。体験論文の作成にあたってはお電話でのご指導も何時間も頂きました。

E   本講座の受講前の印象(ホームページから受ける印象)と受講後の感想はどうでしたか。予想通りだった点、予想と異なった点は?

予想通りだった点;教材の添削レスポンスが早いです。2時間でレスが来たときは驚きました。

予想と異なった点;講座で頂く情報量(資料、課題)が膨大、自分で考えなくてはいけない事も膨大でした。講座受講者だからと言って受身では全く進まないと感じました。

F   講座の指導で役立ったのはどれですか。
敗因分析    初受験なので無し
業務経歴    ◎
過去問練習 ◎
過去問分析問題予想  時間がなく行っていない
体験論文指導 ◎   
口頭試験指導 時間が無く殆ど行っていない

G   今後、本講座を受講される方へのメッセージは何かありますか。

 先生は各部門の専門の技術者ではありません。専門的知識は技術士を目指す受講者が持つべきものであり、受講者の技術的見解や経験則に基づく知識を論理的思考回路のもとシステマティックに構築し表現する方策を教授してくださるのがこの講座です。

H   技術士受験者に送るメッセージがありましたらどうぞ。

 どれだけ勉強する時間が無くても、どれだけ厳しいご指導・指摘をうけても決して諦めずに邁進することが大切だと思います。