R1/2019年 建設・施工 U−1−3

問題文

建設現場における三大災害を挙げ、それぞれについて、その原因を含めて概説するとともに、具体的な労働災害防止対策を述べよ。


模範解答1  (答案形式)  添削履歴 3回 2019.8.6  専門事項 工程管理


1.建設機械・クレーン等災害

 重機と構造物の間で作業をしている時に重機が旋回して重機と構造物の間に挟まれる、玉掛け作業中にワイヤに手が引っかかりワイヤに巻き込まれる等の災害である。原因としては、重機の死角で作業していた、作業の見張員の配置不足、周囲の人間が声をかけない等のヒューマンエラーがある。対策として、見張員の代わりにセンサーを配備し、重機の作業区域内に立入った場合に重機が緊急停止し接触事故を防ぐ。

2.墜落・転落災害

 高所で作業中に誤って転落、足場の開口部からの墜落等の災害がある。原因としては、安全帯を着用しているが使用していない等ある。対策としては、外壁先行で外周を囲い、内部には足場を設置したユニットで施工し墜落・転落を防ぐ。また、安全帯の重要性を実感する為に安全体感VRトレーニングを実施する。

3.崩壊・倒壊災害

 足場等が崩れ落ちる又は倒壊して人に接触する、立てかけてあった物が倒れ下敷きになる災害である。原因としては、近道、手抜き等がある。対策としては、施工方法を見直し仮設構造物で崩壊・倒壊を防止する安全装置を設置してから本作業を行う手順に変更する。作業に一手間加える事で作業工程は増えるが、近道、手抜きを防止でき、崩壊・倒壊を防ぐ事ができる。